見出し画像

君はくまモンがいくら稼いだか知ってるか?

地方活性化に一躍を担ったゆるキャラ「くまモン」
彼はゆるキャラ界を担う先輩みたいな存在だ。くまモン先輩。

さて、そんなくまモン先輩の経済効果はどれぐらいあるかご存知ですか?
この記事を見ていただきたい。

なんと昨年1400億円。年々右肩上がり。
でも1400億円の売上って、大企業レベルの存在。そしてグッズなので粗利率が高いはず。

そう考えていくと熊本県って、もっと裕福であっていいのでは?と考える。
なので、同時にこの年収ランキングも比較してみる。するとどうだ。

37位!!

思ったより上がっていないのではないだろうか?

くまモン経済効果は、本当にくまモンのおかげか?

さて、話を戻そう。
くまモン関連グッズの内訳も冒頭に出した記事を見ると、以下のように記載がある。

食品が9%増の1195億円、グッズなどは15%増の213億円。

例えばカップラーメン、お菓子にくまモンの絵柄があれば、これはくまモンが絡む食品になるのか?という疑問も湧く。

確かにくまモンが写ってたら我々は少しは印象を覚える。
だからといって「くまモンだから・・・」という印象で買うだろうか?
グッズはわかる。特に訪日外国人からしたら「可愛い!」と思う。

私の結論、数字は恐らく間違えてない。
ただ色んなものにくまモンをつけて、他商品の積算がこの数値を叩き出している。また、認知度アップのためにPR費用を欠かさないだろう。
そこで考える。一企業として見た場合、果たしてこのくまモン企業は黒字か?赤字か?

地方自治の補助金を利用しているだろうが、この補助金をどのように見て活用しているのか?そこまでの結果を見たい。
得られた補助金を出して、それ以上の結果を出さねばならない。地方自治はココが甘い。弊社はスタートアップだから、出資を受けたら5倍〜10倍の利益を出すことを運命づけられる。

くまモン先輩に続けるか?次世代ゆるキャラ

また輝かしいくまモン先輩の背中を追い続けてる他のゆるキャラたちは、生まれては捨てられの日々。優勝したからといってくまモン先輩に続け!なわけだから。違う戦略が必要。

今の所、例えでいうなら「一発屋芸人」に例えられる。

理想は初回PRでインパクトを与え、あとは自然にユーザーが広げてくれること。広告費が浮きますから。
とはいえ認知度を与えるのは重要、しかしその認知度を与えるために広告費は当然お金がかかる。ただ、その上でかけた広告費分の売上はどれぐらいなのか?費用対効果はどれぐらいあるのか?

当然、熊本にお金が落ちるようにしなければ、グッズだけの県と思われても仕方ないのかなと思う。

くまモン先輩に続く「次世代ゆるキャラ」はそういった費用対効果を含めた戦略を期待したい。
(正直、ゆるキャラも飽きが来ているのでもうやめていいと思うが)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートのお気持ちありがとうございます^^/ よければ今後も発信し続けるために”無料でできる”SNSなどで感想をシェアしてくださると嬉しいです( ^ω^ )

ありがとうございます!!また公開しますので読んでくださいね^^♪
4

宮城浩@flato🗾お試し移住を勧める人

株式会社FromTo CEO。 「お試し移住」で気軽に移住してみるプラットフォーム「flato」開発中。 Twitterが更新多めなのでフォローしてくださいね。 元エンジニアでフリーランスなのでたまに東京中心でキャリア講座やったりしてます。

flatoをつくる〜地域活性化Newsバンク〜

flatoをつくる過程で、移住・観光サービスなどをまとめたり
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。